BIM/CIMのコミュニケーションを関係者で
リアルタイムに行う日本初のプラットフォーム

2D・3Dで課題・追跡を可視化し、建設業界の
QCDS(品質・コスト・工期・安全)の実務に役立ちます
Revizto v5.1を近日リリース予定!

すべての案件関係者が1つのプラットフォームで連携

ReviztoはBIM/CIM情報を統合し、案件関係者間のコミュニケーションを促進します。
独自に開発した高度な課題共有・追跡のワークフローで、3Dモデルと2D図面上の課題や干渉を可視化し、共同作業を効率的に進めることができます。

・迅速かつ精緻に3Dモデルや図面を確認し、細部まで検証

・様々なデータを統合し、スキルやデバイスによらないコミュニケーションの革新

設計~建設~維持管理(FM)の建設ライフサイクル全般で活用可能。

PC、タブレット、VRなどのデバイスや場所を問わず活用。VRも即時没入可能。

建設過程の様々なコミュニケーションの履歴を集約可能。

リアルタイムにコミュニケーションし、課題の状況、日時、担当者などを記録。

ユーザーフレンドリーな設計により、導入初日から誰でもBIM/CIMを活用可能。

対応するソフトやデータ形式など

プラグイン

Revit
AutoCAD
Navisworks
ArchiCAD
SkethUp
Rhinoceros
Vectorworks
CADmep
Civil 3D
Inventor
MicroStation
OpenBuildings
OpenRoads

サポート形式

IFC
BCF
DWF
PDF
FBX
FARO
OBJ
ReCap

連 携

BIM360
BOX
Procore

プラグイン

サポート形式

連 携

エクスポート形式

* exe形式ビュワーを出力し、Reviztoを持っていないPCでも2D・3Dモデルを確認

* IFC形式をデータ早く・欠落無く出力可能

Reviztoユーザー様の例

News